小論文を書く時の注意|入試対策のための小論文や志望動機の書き方について解説します
入試必勝サポート

小論文を書く時に気を付けておきたい事とは?

注意点は色々あるもの

小論文では作文や感想文との違いを意識しながら文章を作成することが重要となるものです。小論文におけるルールを確認し、小論文をスムーズに書けるような練習を行っていきましょう。

小論文を書く時の注意

作文用紙

テーマと内容にズレが生じている

きちんとした構成の文章が書けいたとしても、テーマからズレてしまっていると減点対象となってしまいます。テーマの内容を常に意識しながら小論文を書くことがとても大切になってくるのです。

自分の意見が無い

小論文では、自分どのような意見を持っているのかを書き表すことが目的となっています。一般的な意見を書いてしまっては、それは小論文と呼べるものでは無くなってしまうのです。自分の意見が間違っていないかという事が重要ではなく、しっかり自分の意見を持っているかという事が重要となるのです。

感情を伝える文章

作文や感想文では、自分の感情を書き表すような事があります。しかし小論文を書くときには、自分の感情を出すことは好ましくないものなのです。特にテーマによってはデリケートな内容もありますから、自分の感情が文章に出てしまうと小論文としては良くないものとなってしまいます。

語尾を統一させる

小論文では語尾の書き方にも注意する必要があります。文章を書くような時には「です・ます」「だ・である」といった語尾を使用すると思いますが、小論文においてはこれらの語尾を統一させることが大切となります。

接続詞や話し言葉に注意

小論文では日常会話で使われるような接続詞や話し言葉を使用することができません。例えば「~だけど」「~した後」といった表現はNGとなります。話し言葉は無意識に文章の中に入ってしまう事もありますから、意識して直すようにしましょう。

広告募集中